親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として…

>>続きを読む

相続人の1人が印鑑を押してくれなくて預金が下せない事例

父親が死亡し、金融機関に多額の預金があったにもかかわらず、感情問題から相続人の1人が署名押印してくれなかったため預金が凍結されたまま1円もおろせない状態となりました。
 そこで依頼を受けた当事務所は遺産分割調停を提起し、相手方が署名押印しなくても預金が解約できるように手続をとりました。
 金融機関では原則として相続人全員の署名押印がなければ凍結された預金は解約できません。
 本件のような相談の事例は最近増えています。
 相続で困った際は専門の弁護士等に相談されることをお勧めします。