親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として…

>>続きを読む

保険会社からの提示額の妥当性

A氏は交通事故の被害者で加害者の保険会社から示談金の提示を受けました。
しかしその金額が妥当なのか、安いのか判断ができなくて弁護士に相談に来ました。
このような場合、保険会社の提示額の簡単なチェックポイントとしては 入院雑費の欄で「1日1200円」となっているかどうかを見るとわかりやすいです。
裁判基準での入院雑費では「1日1500円」となりますので、「1日1200円」の入院雑費では安すぎることになります。
また入院雑費で安い金額にしているということはその他の慰謝料等でも安い金額にしている可能性が高いです。