親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として…

>>続きを読む

婚姻費用

夫Aと妻Bには子供が1人います。
Aは妻や子に酒を飲んで暴力をふるったり、浮気したりしてきたので、Bは耐えかねて実家に帰ってしまいました。
しかしAはBと子に対し生活費を1円も渡してくれません。
そのためBはひどく生活に困窮して何とか生活費(婚姻費用)を請求したいと考えました。

このようなBの場合、Aに対しては婚姻費用が請求できます。
Aが任意に支払ってくれない場合、裁判所に婚姻費用の調停を申し立てることができます。
ABの話し合いがつかなければ、お互いの年収を基準にした算定表によって婚姻費用が決定され、それでもAが支払わない場合、BはAの給与等を差し押さえることができます。