親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として…

>>続きを読む

事例一覧


親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について 

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として

保険会社からの提示額の妥当性 

A氏は交通事故の被害者で加害者の保険会社から示談金の提示を受けました。しかしその金額が妥当なのか、安いのか判断ができなくて弁護士に相談に来ました。このような場合、保険会社の提示額の簡単なチェックポイン

ゴルフ場預託金返還請求 

A様は数年前にゴルフ場の会員となり預託金を支払いました。しかし返還時期がきてもゴルフ場は経営の困難を理由に返還におうじようとはしませんでした。そこで当職に依頼され、返還請求訴訟に踏み切り裁判上の和解が

別居中の生活費請求 

葛飾区相談ケース(事案)Aさん(妻)は夫Bと別居中です。BはAさんが勝手に家から出て行ったとして生活費(婚姻費用)を支払ってくれません。(弁護士あらの回答)このような場合、Aさんは婚姻費用の支払を求め

相続人の1人が印鑑を押してくれなくて預金が下せない事例 

父親が死亡し、金融機関に多額の預金があったにもかかわらず、感情問題から相続人の1人が署名押印してくれなかったため預金が凍結されたまま1円もおろせない状態となりました。 そこで依頼を受けた当事務所は遺産