不貞行為の慰謝料請求を夫婦関係破綻を理由に否定した事案|相続・交通事故・離婚・借金なら相談料無料・電話相談OK・東京都葛飾区、台東区、江戸川区など

お問合わせ03-6874-7060

皆様のご希望に応えて土曜日・日曜日、夜間の無料電話相談を始めました。

平日は午前10時~午後10時まで、土日は午前10時~午後6時まで
お電話での無料相談対応致します。(都合により出られない場合もあります)

2018年05月10日

不貞行為の慰謝料請求を夫婦関係破綻を理由に否定した事案

 (事案)
夫がいる女性と不貞行為を行ったということで、その夫から慰謝料請求がされた事案

(結果)
裁判において既に夫婦関係が破綻していた事実を認定してもらい、慰謝料請求が否定された。
夫婦関係の破綻の認定に際しては、通常は認められない。しかし、本件においては
メールや会話の録音テープ等を数多く提出することにより裁判官に夫婦関係の破綻を認めて
もらえた。裁判においては証拠が大きな意味を持つことになる。 
ページの先頭へ