親の死亡後3ヶ月経過した後の相続放棄について

葛飾区の相談事案。(事案の概要)2年前に親が死亡し、その時は親に借金があるなどとは知らなかったのに2年経過した後に突然消費者金融から親の借金を相続したとして借金の督促がきたケース。相続放棄は原則として…

>>続きを読む

業務のご案内

前田貴彦法律事務所では個人・法人を問わず下記業務をお取扱いしております。
詳細についてはどうぞお気軽にお問合せください。


借金問題

借金がかさみ返済が難しくなった場合、借金を整理する法的な方法が幾つかあります。借金の返済が難しいと思ったら、すぐに前田貴彦法律事務所へご相談下さい。

債務整理、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産などについて


債務整理

経営不振による多重債務、消費者金融やクレジットカードなどの過剰な利用、連帯保証人や住宅ローンなど借金の返済が難しくなった場合、債務整理を行います。
債務整理とは、借金の返済が円滑にできなくなってしまった方に対して、法的に借金を一度見直し、無理のない生活を送るための方法です。
債務整理の種類は、任意整理、民事再生(個人再生)、自己破産などに分かれますが、債務者の借金や収入状況等に応じて、どれが最適な方法なのか異なりますので、悩む前に前田貴彦法律事務所へご相談ください。正しい知識を身に付けて、あなたに合ったベストな解決方法をおすすめいたします。



任意整理

任意整理とは、弁護士などの専門家が依頼者の代理として債権者と返済の方法やその額について交渉し、借金の減額を計り、借入れた借金の支払いが可能になるような新たな返済方法についての合意を成立させることを言います。
ご相談者様の状況に合わせ、おおよそですが3~5年かけて払い終えるように、無理のない月々の返済プランを作り、実行していく借金解決法のひとつが任意整理と言えます。
この手続きは裁判所等の公的機関を利用しないため、基本的に債権者はこの話し合いに応じる義務はありませんので、弁護士などの専門家の関与が不可欠となります。時間のない方でも専門家に任せることによって、容易に手続きをすることが可能となります。



民事再生(個人再生)

民事再生とは、債務が過大で経営破綻の恐れのある企業の再建手続を定めた法律である民事再生法にしたがって、裁判所や監督委員に監督されながら、債務者自身が主体的に手続に関与し、企事業再建や生活の建て直しを行っていくというもので、事業を継続しつつ債務の一部免除及び弁済猶予を受けられます。
また、個人の場合、住宅ローンを抱えている方でマイホームを手放さずに借金を整理する場合に、大きなメリットのある制度として個人再生があります。住宅ローンは減額されませんが、それ以外の借金については5分の1程度に減額され、原則として3年で分割して返済していくことになります。特別な事情がある場合には、5年までの長期分割弁済が認められます。
各種手続きやさらに詳しい内容をお聞きになりたい方は、前田貴彦法律事務所へお気軽にお問合せください。



自己破産

自己破産は、裁判所を通して返済ができないことを確認し、現在ある借金の返済を免除してもらう手続きです。裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」をもらい、全ての借金がゼロになるということです。ただし、誰でも免責許可決定がだされるとは限りません。
支払い不能かどうかの判断は、申立人の収入や資産などによって決まります。
自己破産申立てでは、依頼者の債権債務状況の調査や裁判所への申立てが弁護士の主な業務となります。
世間で自己破産というと、様々なご心配があるかと思います。前田法律事務所では、その手続きの内容やメリット、デメリットなど、詳しくご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。



借金問題事例はこちら

交通事故

交通事故やその手続に関する事でお困りの方はご相談ください。
交通事故の人身傷害の賠償提示額は不当に低い場合があります。弁護士に相談して交渉すれば大幅な増額が見込める場合があります。


交通事故

「交通事故の被害にあったが、保険会社とどのように交渉すれば良いのか分からない」「後遺障害が認められなかった」「慰謝料の額が適切かどうか分からない」等々、交通事故問題に関して不安や疑問が生じた時には、前田貴彦法律事務所へお気軽にご相談ください。
交通事故の被害者になった場合、弁護士が代理人となって、加害者あるいは加害者加入保険会社との任意の交渉や裁判等を通じて、被害に遭われた方の適切な被害回復を目指します。
また、加害者となってしまった場合も、被害者側からから不当に高額な賠償請求を受けるということもありますので、弁護士が代理人となって、被害を受けられた方との交渉にあたり、適正な解決を目指します。



交通事故事例はこちら

離婚問題

財産や慰謝料、養育費など、離婚や手続に関するお悩み。
前田貴彦法律事務所では、離婚をはじめ男女関係に伴う様々な問題を取り扱っています。 一人で悩む前に早い段階でまず一度ご相談ください。


離婚

「離婚したいが相手が応じてくれない」、「相手から離婚を言われたが離婚したくない」、「離婚したいが手続き方法が分からない」、「なるべく有利な条件で離婚したい」「配偶者の不倫相手に慰謝料請求をしたい」など近年では離婚件数の増加もあり、離婚に関する様々なご相談が寄せられます。
また、財産分与の方法、慰謝料・養育費の金額、親権問題など多くの問題が発生します。
前田貴彦法律事務所では、依頼者の代理人として詳しい事情をお伺いし、離婚やその手続きに関する疑問にお答えし、できる限り依頼者のご希望に添った解決に尽力致します。
悩む前にまずご連絡ください。



離婚問題事例はこちら

過払い

「過払い金請求をしたいけど、家族や周りへバレたくない」、「今の生活を考えると、ブラックリスト等に載ると困る」等々、依頼者によって、色々な不安があるかと思います。その様な不安・疑問をまずは前田貴彦法律事務所へご相談ください。


過払い

「過払い金」とは、貸金業者に対して本来ならば支払う必要がないのに、支払い過ぎたお金のことです。
10万円~100万円までの貸し付けの利率の上限は、利息制限法で年18%に制限されています。カード会社や消費者金融の多くは、利率が年20%を超える貸しつけをしていたため、借入期間が5年以上あり、利率が18%以上の方は,過払い金が発生している可能性が高いのです。
現在も高い利率で利息を支払い続けている方や、過去に高い利率で借入をして完済した方も、貸金業者に対して過払い請求をすることができます。
前田貴彦法律事務所では、依頼者のご希望の解決方法に添った、対応の仕方やお手続きの進め方を行います。
様々な不安をお持ちの方、疑問等、詳しい内容をお聞きになりたい方は、まずお気軽にご連絡ください。



過払い事例はこちら

相続問題

相続に関するご相談や自分の遺志を残し家族間の争いを防ぐ為にも遺言書を作成したいとお考えの方、前田貴彦法律事務所へご相談ください。


相続

家族や親族が突然亡くなってしまった場合、遺産相続はどのように分けられるのでしょう。
まず遺産相続とは、故人の遺産を、配偶者や子供、または孫が相続することを指します。相続人の誰が何をどのように遺産を相続するのかを相続人全員で話し合って決める必要があります。
この話し合いに於いて、相続の問題は大変複雑ですので、多くの場合相続人同士の揉め事やトラブルが発生してしまいます。
遺産問題は家庭内の問題でもあり、法的に複雑な問題が含まれていることも多く、相続人である親族間でのトラブルを起こさない為にも、弁護士を交えて適切な解決をする方法をおすすめします。

■遺産分割手続き
・・・「相続人同士で遺産の分割の話がまとまらない」「揉め事を起こさずに分割したい」など
■遺留分減殺請求
・・・「自分にも故人の相続を受け取る権利がある」「相続人で公平に分割したい」など
■相続放棄手続き
・・・「故人の借金を相続したくない」「身内同士の揉め事に関わりたくない」など
■遺言書作成
・・・「残された家族に揉め事が起こらないようにきちんと作りたい」「遺言書の書き方や手続きが分からない」など

上記の様なお悩みにもお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。



相続問題事例はこちら

刑事事件

逮捕から裁判の流れ、接見、起訴前の身柄解放に向けた活動、示談交渉、保釈請求、公判弁護など
刑事事件について、ご不明点などございましたら、お気軽にご相談ください。


刑事事件

「家族が突然逮捕された」、「示談をしたいけど、どの様にしたらよいか分からない」、「身覚えの無いことで犯罪の疑いをかけられている」、「保釈・釈放をしてほしい」など、刑事事件は何の前触れもなく、逮捕・勾留されることもあり、依頼者にとっても、逮捕された本人にとっても突然の出来事に大変不安な思いをするものです。
前田貴彦法律事務所では、このような不安や負担を少しでも軽減するために、お手伝いさせていただきます。
刑事事件は時間が勝負です。「家族が逮捕されてしまった」、「示談をしたい」、「保釈を希望している」等々、なるべく早い段階でご相談いただき、専門的な情報やアドバイス、弁護活動に尽力いたします。



刑事事件事例はこちら