浪費等による免責不許可事由があったが自己破産の免責が認められた事例|相続・交通事故・離婚・借金なら相談料無料・電話相談OK・東京都葛飾区、台東区、江戸川区など

お電話でのお問合わせ

03-6874-7060

皆様のご希望に応えて土曜日・日曜日、夜間の無料電話相談を始めました。

平日は午前10時~午後10時まで、土日は午前10時~午後6時まで
お電話での無料相談対応致します。(都合により出られない場合もあります)

弁護士ブログ

会社概要

前田貴彦法律事務所

前田貴彦法律事務所

〒125-0062

東京都葛飾区青戸3-27-15Aスリー1階

03-6874-7060

03-4586-9740


平日/午前10時~午後10時
土日/午前10時~午後6時

浪費等による免責不許可事由があったが自己破産の免責が認められた事例

2022年10月17日

浪費等を理由とした借金が原因で破産を申し立てた事例がありました。


浪費等を理由として借金が増大した場合、原則として免責を認めない免責不許可事由となります。


しかし浪費等の生活を改め真摯に生活をやり直している場合には、例外的に借金を免除する免責決定を裁判所が


出してくれる場合が多いです。


本件も破産管財人が就いてそのチェックを受けたうえで最終的には免責を得ることができました。


免責不許可事由があっても諦めずに自己破産をすることはできると思います。


最近のお知らせ

ページの先頭へ