弁護士から時効完成後の借金を請求され時効援用を行った事例|相続・交通事故・離婚・借金なら相談料無料・電話相談OK・東京都葛飾区、台東区、江戸川区など

お電話でのお問合わせ

03-6874-7060

皆様のご希望に応えて土曜日・日曜日、夜間の無料電話相談を始めました。

平日は午前10時~午後10時まで、土日は午前10時~午後6時まで
お電話での無料相談対応致します。(都合により出られない場合もあります)

弁護士ブログ

会社概要

前田貴彦法律事務所

前田貴彦法律事務所

〒125-0062

東京都葛飾区青戸3-27-15Aスリー1階

03-6874-7060

03-4586-9740


平日/午前10時~午後10時
土日/午前10時~午後6時

弁護士から時効完成後の借金を請求され時効援用を行った事例

2022年10月17日

最近増えていますが10年以上前の借金で裁判や支払督促などの時効中断がなされてない昔の借金のことで


代理人の弁護士事務所から返済を求める通知書が送られてきています。


このような事例では明らかに時効が成立しているのですが、そのことを内緒にしてダメもとで返済を


求めてきます。


ただし時効はこちらから主張しなければ成立せず、金銭を支払ってしまった場合に後から時効を主張すること


は困難です。


弁護士から通知書がきたときはまずは近くの弁護士事務所に相談されることをお勧めします。

最近のお知らせ

ページの先頭へ